ボードの代わりになるウェルカムドールとは一体どんな物?

Q.華やかな結婚式を彩る中に、ウェルカムボードは窓口の案内として非常にキュートで、自分も結婚式をする時はきっとウェルカムボードを用意しようと考えているんですが、更に可愛らしさがアップした「ウェルカムドール」というマスコット的なウェルカムボードのようなものがあるというのを小耳に挟みました。ドールと聞いただけで、非常に可愛い響きがしますが、ウェルカムボードに代わる、ウェルカムドールとは、一体どのようなものなのでしょうか?また、ウェルカムドールはウェルカムボードのように費用を抑えて自作したり、依頼制作できるようなものなんでしょうか?教えてください。

A.華やかな結婚披露宴にお越し頂いた来場客を「ようこそいらっしゃいました」と暖かく迎えてくれるウェルカムボード。結婚式を彩るだけではなく、最近ではお店の看板としても活躍し、様々なシーンでその場を彩っています。結婚式の場面では、新郎新婦自らが自作、または式場の運営に依頼して置くウェルカムボードですが、それに代わるウェルカムドールというのも最近出始めています。ウェルカムドールとは、その名の通り、ボードの代わりに人形を置き、足を運んでくれた来場客を出迎えるものです。当日、挙式準備や打ち合わせで忙しい新郎新婦に代わり、新郎新婦の化身として「ようこそいらっしゃいました」と、無言ながらも出迎えてくれる可愛いマスコットなのです。

また、お色直しで一旦式場を離れる新郎新婦に代わり、式場のお留守番役をしてくれるという意味合いで、最近見かける事が多くなってきているようです。ボードでは、ただの案内看板としての意味合いが強いですが、人形だと目も引くし、色んな意味合いを持たせる事が出来るので流行り出したという事なのでしょう。ウェルカムドールは基本的にこうしなさいああしなさいという決まりは無いようですが、一番ポピュラーなものとしてテディベアが選ばれる事が多いようです。テディベアにウェディングドレスを着せて、いらっしゃいませと迎えられてしまっては、式場の新郎新婦よりも目に入ってしまいそうなぐらい可愛いと、ある意味デメリットもあるようですが。

テディベアだけではなく、他のぬいぐるみ、人形、フィギュア等、ウェルカムドールの選択肢は割と広いようです。また着せている服もシンプルに着の身着のままである場合、ウェディングドレス、白無垢というバリエーション豊かです。中には、新郎新婦そっくりのフィギュアを造型師に頼んで作ってもらうというケースもあるようです。ウェルカムボードに拘らず、こんな変り種のウェルカムドールというのも、式場を沸かせる良い記念になるかもしれませんね。

slide

美味しく食べられるウェルカムボードってあるの?

美味しく食べられるウェルカムボードとは、通常のウェルカムボードの代わりに、パンやお菓子果物を加工して、ウェルカムボードにしたものの事である。

slide

ウェルカムボードはどんな時にどんな場所で使うと効果的ですか

ウェルカムボードの発祥は、元々結婚式場の会場案内が時代の変化と共に来場客を迎える為のメッセージボードとなったもので、来場客に対し目を引くだけでなく、おもてなしの精神を伝えるものである。

slide

ウェルカムボードの自作にはどんなものが必要ですか

ウェルカムボードを自作する事を考えているのであれば、どのような物を作るか、おおよそのイメージを固めておき、作成に必要な材料を集めると良い。

slide

ウェルカムボードの制作依頼をした場合相場はいくらですか

ウェルカムボードの作成依頼に掛かる費用は、委託する業者によっても異なるが、おおよそ一万円~三万円程の費用が掛かる。